保育方針

保育の考え方

ちぐさが望む未来

ちぐさ保育園が望む未来

ちぐさが望む未来、
それは人と人がつながった
暖かい社会です。
子ども達には人と過ごす楽しさを
味わう生活をとおして、
人への『信頼感』が育ってほしいと
願っています。

ちぐさは、従来の幼稚園の教育機能、保育園の保育機能を融合した総合的な子育て施設です。
・0~2歳児は、個を中心に自我の発達に寄り添う。
・3~5歳児は、集団保育を中心に社会性を育てる。
・6歳児〜は、放課後生活の多様な体験を通して、豊かな人間性を育む。

ちぐさの保育

ちぐさの保育
ちぐさの保育者達ちぐさの保育者達
ちぐさの保育

ちぐさの職員室の真ん中にある丸テーブル。毎日の全体ミーティングで話す子ども観と、保育者同士のチームワークがちぐさの保育の原点です。

ちぐさの保育

「おもしろいね!」まず子どもの 気持ちを受けとめ、寄り添う。

ちぐさの保育

「先生もはやいよ!」いつでも子どもと真剣に向き合います。

ちぐさの保育

ちぐさの職員室の真ん中にある丸テーブル。毎日の全体ミーティングで話す子ども観と、保育者同士のチームワークがちぐさの保育の原点です。

ちぐさの保育

「先生にかけちゃお!」いろいろな先生が遊びの幅を広げます。

ちぐさの保育

保育者の笑顔いっぱいの抱っこ。「安心感」が子どもの意欲の源です。

ちぐさの特長

ちぐさの特長

ちぐさの歴史

創立者の思い

創立者 櫛渕 静一

創立者
櫛渕 静一

初代園長 櫛渕 包

初代園長
櫛渕 包

櫛渕静一・包夫妻は、ともに教師経験を生かし、昭和20年、物資も心も飢えていた終戦直後に「千草洋裁学院」を創立し、私学教育「技術をとおしての人間形成」を目指しました。地域の若い世代に平和と自由から生まれる文化、心の豊かさを伝えたい思いでした。
その思いは昭和30年代、姉妹校として、地域の要望もあり幼稚園設立となりました。幼児期こそ未来を創る人間形成が培われる重要な時期であり、子どもたちの可能性を広げたいと願いました。

沿革

1963年 12月10日 ちぐさ幼稚園開園
学校法人櫛渕学園「千草洋裁学院」の姉妹校として開園(3クラス)
『ちぐさ』は、小さくても根強く育つようにとの願いから「千草」を平仮名へ
1973年 12月 創立10周年記念園舎完成(第1期工事)
園旗、園歌制定
1985年 4月 2代目園長に 櫛渕 光彦 就任
1988年 3月 理事長 櫛渕 包 逝去
1993年 12月 創立30周年記念式典挙行(記念誌発行)
1998年 12月 創立35周年記念園舎完成(第3期工事)
(なかよしルーム、プレイルーム他増改築)
2003年 創立40周年記念
2008年 4月 ちぐさ保育園開園
2011年 4月 3代目園長に 櫛渕 洋介 就任
2016年 1月 新園舎完成(木造1F)
2016年 4月 ちぐさ幼稚園、ちぐさ保育園を「ちぐさこども園」に統合
10周年記念にシンボルマークを公募した結果、当時の父兄が入賞したもの。

10周年記念にシンボルマークを
公募した結果、当時の父兄が
入賞したもの。

1963年開園時の園舎。桑畑の中に建つ。保育室3室、遊戯室、職員室。

1963年開園時の園舎。桑畑の中に建つ。保育室3室、遊戯室、職員室。

園の概要

学校法人 櫛渕学園 「ちぐさこども園」

所在地 〒378-0055 群馬県沼田市柳町394
TEL 0278-23-3324
FAX 0278-23-3524
URL https://www.chigusa.ed.jp
Mail info@chigusa.ed.jp
設立 1963年 12月10日
理事長 櫛渕 光彦
園長 櫛渕 洋介
副園長 櫛渕 かりな
職員 45名(理事長1、園長1、副園長1、保育教諭31、事務3、給食室6、バス2)
櫛渕 洋介

櫛渕 洋介
【ちぐさこども園園長】

社会福祉法人ちぐさ 「ちぐさ学童クラブ」

所在地 〒378-0055 群馬県沼田市柳町394
TEL 0278-23-3324
FAX 0278-23-3524
URL https://www.chigusa.ed.jp
Mail info@chigusa.ed.jp
設立 2008年 4月1日
理事長 櫛渕 光彦
園長 櫛渕 かりな
職員 8名(所長1、学童指導員6(内事務兼務2)、バス1)
櫛渕 かりな

櫛渕 かりな
【ちぐさ学童クラブ園長】